これまでの議論

  • 2015年度
  • 2014年度
  • 2013年度

2015年度

シンポジウム「文化省創設への道筋」2015年11月12日PDF 2,222KB)

過去2回にわたるシンポジウムでは、日本の文化芸術は、文化産業として経済の活性化につながること、世界の人を惹きつける資源となる可能性が語られました。これまでの研究会をふまえ、文化省創設への道筋が議論されました。

基調講演 遠藤 利明(東京オリンピック・パラリンピック担当大臣・衆議院議員)「東京五輪と文化芸術」
問題提起 伊藤 信太郎(衆議院議員・文化芸術振興議員連盟事務局長)
討論 逢沢 一郎(衆議院議員)/枝野 幸男(衆議院議員)/高木 美智代(衆議院議員)
   松野 頼久(衆議院議員)/市田 忠義(参議院議員)
まとめ 河村 建夫(衆議院議員・文化芸術振興議員連盟会長)
進行 浮島 智子(衆議院議員・文化芸術振興議員連盟事務局次長)

参考資料:問題提起PDF 194KB)

2014年度

シンポジウム「五輪の年には文化省」2014年11月13日PDF 1,443KB)

前年のシンポジウムで、文化芸術の振興策の充実と予算拡充が国家的な課題であることが確認され、文化省の創設を目標とすることが認識されました。このことをふまえ、東京五輪開催を契機として、文化芸術の振興を国策として進める文化省をつくりあげる議論がなされました。

基調講演 河村 建夫(衆議院議員/文化芸術振興議員連盟会長)
講演 下村 博文(文部科学大臣/衆議院議員)「文化芸術立国中期プラン」について
   甘利 明(経済再生担当大臣/衆議院議員)「クールジャパン戦略/文化芸術と経済財政政策について」
   近藤 誠一(近藤文化・外交研究所代表/前文化庁長官)「文化芸術をもっと外交に生かす必要性」
討論 逢沢 一郎(衆議院議員)/浮島 智子(衆議院議員)/古川 元久(衆議院議員)
   小熊 慎司(衆議院議員)/三谷 英弘(衆議院議員)/宮本 岳志(衆議院議員)
コーディネーター 鈴木 寛(文部科学省参与/東京大学・慶応義塾大学教授)

2013年度

シンポジウム「文化省の創設を考える」2013年10月30日PDF 1,761KB)

第180回国会で歴史上初の「文化芸術政策を充実し、国の基本政策に据える」請願採択を契機に、我が国の文化芸術政策の飛躍的に充実させるため「文化省」の創設について議論がなされました。第180回国会で歴史上初の「文化芸術政策を充実し、国の基本政策に据える」請願採択を契機に、我が国の文化芸術政策の飛躍的に充実させるため「文化省」の創設について議論がなされました。

問題提起 絹谷 幸二(洋画家・日本藝術院会員)
討論 塩谷 立(衆議院議員)/枝野 幸男(衆議院議員)/松野 頼久(衆議院議員)
   斉藤 鉄夫(衆議院議員)/松田 公太(参議院議員)/市田 忠義(参議院議員)
司会 伊藤 信太郎(衆議院議員)

  • twitter
  • Facebook
  • google+
  • はてなブックマーク
  • LINE

TOPへ戻る